Start content

「現場の評価と学術研究をつなぐ分析・学習」で病障害対策技術の効率化を目指します

 Mr.カルテでは、多忙を極める農家さんに代わって、病障害対策として実施した作業や使った農資材に関する現場の評価と、学術研究をつなぐ情報分析・学習を行い、それぞれのほ場に合わせた最適な対策候補を提示することで状況判断や対策策定のプロセスの効率化を目指します。

農業現場の「ヒトによる判断」に着目。病障害対策の技術継承をサポート

 病障害の発生・拡大は、温度・湿度などの「環境要素」に加えて、発生時のとっさの現場判断ミスや、作業遅れに関わる段取りミスなどの「ヒトによる判断要素」も大きく影響しています。
 Mr.カルテでは「環境要素」を測定するだけではなく、いままでの農業ITシステムにはなかった「ヒトによる判断要素」に着目して、カルテとして記録・学習し、ナビとして展開することで病障害対策の技術継承をサポートします。

Mr.カルテの特長

1.「見える化」から「ぱっと見化」へ
2.毎年繰り返す病障害の対策判断を迅速化
3.病障害対策をコスト・使用時トラブル回避の観点から効率化

詳細を見る

運営方針

Mr.カルテが皆さまに安心してご利用いただけるサービスであるために。

詳細を見る

開発チーム

農家の相棒 開発チームのご紹介、ごあいさつ。

詳細を見る
PAGE TOP